手汗 原因

手汗の原因って?

緊張すると手に汗をかきませんか?

 

これは、多くの人がよく体験することで、いたって普通の事でありますが、緊張していなくても手に汗をかいているという人は、実は手掌多汗症という病気かもしれません。

 

手掌多汗症とは、ドキドキしている時や驚いた時だけではなく、気持ちは落ち着いているにも関わらず手にびっしょりと汗をかいていたり、ひどい人だと汗が垂れてきてしまうほど大量にかいてしまいます。

 

仕事柄、人と握手をして挨拶をする必要がある、重要な書類を扱う機会が多い、手に汗をかきすぎるのは、思いのほか日常生活にも支障をきたす場合が多いですよね。

 

今回は、この手汗の原因が一体何なのかを見てみたいと思います。

 

手汗の原因は何と思ったらチェックする5つのポイント!

 

 

 

手汗の原因は様々なことが関係しているようです。

 

太りすぎ

肥満気味の人は、熱を体内にため込みやすく、外に上手く放出することが苦手です。
その為、手からたくさん汗を出して、体を冷やそうとするため、手汗が溢れ出てきてしまいます。

ストレス

緊張や不安、驚きを感じるときには体が何かしらのストレスとなり、交感神経に刺激が伝わります。
この交感神経に刺激が伝わることにより汗をかきやすくなりますが、そのなかでも敏感に感じやすい人ほど、手汗が多く書いてしまう事になります。

自律神経の乱れ

先ほどのストレスとも関連していますが、過度なストレスや疲労、不規則な生活を送っていると自律神経の乱れを起こします。
自律神経が乱れると、常にほてりを感じ、そこまで暑くないような空間でも一人だけ汗をかいていたり、手汗がべとべとという事態を引き起こす原因になります。

更年期障害

40代半ばごろから始まる女性が多い更年期障害ですが、女性の中で手汗がひどい人は、この更年期障害からくるものかもしれません。
他にも、ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠、出産も大きく関係し、手汗を感じやすくなります。

 

中にはホルモンバランスを整えるためにサプリメントなどを利用する方もいるようです。
参考⇒美的ヌーボ口コミ

病気

一概にこれだ!という病気は言えませんが、糖尿病や甲状腺の病気、などが手汗を起こすことがあります。
恐ろしい病気が隠れている可能性もありますので、手汗が多く、おかしいなと感じたら、医師へ相談することがおすすめです。

 

まとめ

 

手汗だけならそこまで苦労しないのではと思われがちですが、本人にとっては大きな悩みの種にもなりかねません。
手汗の原因を発見することで予防や対処することが出来るかもしれません。